トップページイラスト作成記◆出張座談会・人間の描き方◆

■ 作成記番外編・主線ラフ作成まで



「あれれ……??
何で私たちがこんな所に?

……あ、皆様こんにちは。座談会担当の朝奈です」

「こんにちは、夕奈です。
あ、朝奈いい所に来たわね。
今日は大分昔に座談会の方で話した『糸人形から肉人形を作成』っていうのをやるわよ。
早速準備なさい」

「…………へ?いきなりですか!?
ちょっと待って下さい……心の準備が……」

「何よ、とろいわねぇ。
あ、言っとくけど今日は座談会のコーナーと違って真面目にやるからいい加減な事を言ったら死刑よ。

「わわわわわっ!そんなぁ〜!
私たちって、
「常識?通説?そんな事知るか〜!私の常識が世界の常識!好き勝手にいい加減な事を話しまくるわっ!」
が心情の座談会専用キャラなはずではっ!?」

「さすがに、それは言いすぎだけど(苦笑)
だから、今回は作成記の方に出張して来たのよ。
あのコーナーだと信憑性無いでしょ?
そんな訳で今回に限ってはちゃんと真面目にやるから覚悟なさい」

「ううっ……途中でボケたりしては駄目ですか?」

「駄目」

「しくしくしく……」




「さて、それじゃあ作成記のコーナーという事で実際に絵を描きながら説明します。
朝奈!紙と鉛筆を用意よ!」

「はいはい……準備出来ました」

「ご苦労様。
じゃあ、早速描きなさい

「…………………………へっ?」

「だから、糸人形を描きなさい

「ええ〜っ!」

「ええ〜っ!じゃないわよ。早く。時間無いんだから。」

「そんな事いったって……その〜」

「何?もしかして、まだ描けないの!?

「だ……だって……たかが糸人形されど糸人形というわけで実際描くのは難しくて……」

「……しかたがないわねぇ。じゃあ、そこの実践から始めるわ。
じゃあ、まずは風船を描いて。」

「風船?」

「丸に線を付けたやつよ。
文字であらわしたら『○〜』みたいなの」

「はい、わかりました……これでいいですか?」



風船〜




「……まあ、いいわ。下手だけど許してあげる

「そんな〜。こんなの誰が描いても同じになりま(ビシッ!)痛いっ!

クチゴタエしない

「(しくしくしく……)」

「で、説明いくわよ。
この風船、ようするに丸が頭で紐が体なわけ。これなら誰でも描けるんじゃないかしら?」

そんな事言われなくても分かりま……(ズビシッ!)痛っ!

クチゴタエしない。
そもそもアンタが糸人形を作れないっていうから態々初歩から教えてあげてるのよ!」

「ご、ごめんなさ〜い。
(しくしく……私、何か間違ってる?)」

「この風船って結構便利なのよ。
体のラインを決められるから

「からだのライン?」

「人間はどんなポーズをしてるにしろ、
背骨は一本だし、足は二本あるけどその重心となる流れも背骨から通じるラインで定められるの。
だから、この紐はその大元になる体のラインを決められるわけ。
……ちなみに、今回の絵は紐が真っ直ぐだから人は直立した姿勢になるわね。
つまんないなぁ。もっと面白いラインを描きなさいよ」

「つまんないって言われても……
それならそうで、事前に説明して下さ(びしっ!ばしっ!)痛っ!痛いっ!

クチゴタエしない。
そもそも其れ位予想しなさいよ。人を描く為に風船描いてるんだから分かりそうなもんじゃない」

「しくしくしく……」




「じゃあ、この風船に他のパーツを付け加えていこうかしら。
朝奈、手を付け加えて。
あ、言っとくけど、体のラインが平凡なんだから、
手はある程度動きを出しなさいよ


「あうう……動きと言っても……」

「まず、やじろべえみたいなのを描いて、そこから関節を曲げれば簡単に出来るわよ」

「あう……(かきかき)……これでどうですか?」



手を追加




「……これはまた……世にも珍妙な……

「ひ、ひどい〜(TT)

……一応、「なんでやねんっ!」……と突っ込む関西人のイメージなんですが

「(…………絶句)
まあ、ポーズは兎も角糸人形のポイントは分かってるみたいね。
一応念のために言っておくと糸人形はポーズを決めてバランスを取るためのものです。
手で大切なのは肘の関節の長さ。試しにこの絵に関節部分に補助線を入れてみるわね」



補助線追加




「おお〜!われながらバランスいいかも!」

「………………。
(よくこの程度の事でここまで自画自賛出来るわね、この娘は……)」

「何ですか!?その白い目は!」

「何でもないわよ。
そうね……肘の関節の位置が左右でバラバラにならなければOK。
ついでにこの時腰の位置も意識しておくといいわね」



ポイント整理




「それじゃあ、この糸人形から肉人形を作ってみようかしら。
朝奈、先ずは関節部分に○を描きなさい」

「はい……(描き描き)
ええと……関節というのは首、肩、肘、手首くらいでいいのでしょうか?」

「その他にもさっき補助線を引いた腰にも少し大きい、横に長い丸を描いて。
そしたら、今度はその丸を繋ぐように長丸を描いて。あと、腰の部分の上下に少し大きめの丸を描いて

「は〜い(描き描き)
糸人形を真面目に描けばこれは結構簡単に描けますね。」

「バランスは糸人形を作成する段階ですでに取ってるからね。
いきなり肉人形を描き始めると、このバランスを取るのが難しくて絵が歪んでしまうのよ。」

「出来た〜!
おおっ!すごい!何だか人っぽいですよっ!!



肉人形〜




「どう?
最初の丸と紐だけの風船が
曲がりなりにも人間の形になりつつあるでしょ?


「見えます、見えます!
何だか嬉しいなぁ〜」

「ここまでこれたら、もうそれなりに描けると思うわ。
後はこれを補助にして線を描けばいいだけだから。
ついでだしラフスケッチまでやってしまいましょう。
朝奈、このレイヤーの透明度を上げたあと、新規レイヤーを作成してそこに線を描いていきなさい」

「は〜い。
(あれ?この絵って紙に鉛筆で描いてる設定だったのでは!?)」



体作成




「うわあ!
姉さん!人だよ!私がマトモな人を描いてるよ!

「(……今までどんな人を描いてたのかしら?)
肉人形のレイヤーを非表示にすると、どんな人を描いてるか確認しやすいわよ。」



レイヤー非表示




「すごいなぁ〜。」

「肉人形から主線を起していくポイントは、やっぱり丸で表せない体の部品ね。
特に女性キャラを描くならおっぱいは大切よ。
世の中にはおっぱいを描くのに命をかけてる人もいるくらいだから」

「おっぱい……」

「あと、かなり多くの人が忘れてしまいがちだけど、
股間には隙間が出来る事をわすれないで。
この空間がないとリアリティが無くなるわ。足を閉じててもここには空間が出来るわよ。
あと、手は手のひらと指を別のパーツで考えればいいと思うわ」



ポイント整理




「(描き、描き……描き、描き……下記、柿、夏季、火気、花器……)
出来たー!!姉さん!ラフスケッチまで出来たよ〜!!

「どれどれ……うん、朝奈にしてはマトモに出来てるじゃない」



ラフスケッチ完成




「うわ〜!何か嬉しいなぁ〜!!」

「ここで喜ばれても困るんだけど……
あくまでこれは下書きでここからが本番なんだから。」

「でも、今までこの下書きの所まで辿り着けなかったんですよぅ。
もう、この段階で人がめちゃくちゃで……」

「めちゃくちゃ(汗)
まあ、これで下書きまで辿り着けたんだから後は清書していくだけね。
おさらいするけど、大切なのは風船と糸人形。
これをちゃんと描けたら肉人形も歪まず描けるわよ」

「糸人形って大切なんですねぇ」

「といった所で出張座談会もそろそろお開きの時間になりました!
駆け足ぎみの説明で分かりづらい所もあったと思いますが、そんな時はお気軽に質問して下さい。
説明不足だというメールが多かったら後日、その部分の細い説明をアップするかも」

「それでは、皆様。
長い間付き合っていただきありがとうございました」

「また座談会のコーナーでお会いしましょう」

「ばいばい!」



トップページイラスト作成記◆出張座談会・人間の描き方◆