PaintShopProで遊ぼう!


トップページイラスト作成記◆二人で…◆

◆二人で…

100,000hit記念に描いた絵です。

使用Ver:PaintShopPro 7.04、PaintShopPro 8.10

参考ページは、別窓で開きます。

作成記、はじまりはじまり〜。
今回は画用紙に青えんぴつで下書き、鉛筆で主線を描いた絵を、
スキャナで読み込みました。150dpiのカラーモードです。
その後、PSP上で青い部分を消します。
(参考:青えんぴつの線を消す技



青色を消したら、線のクリーンナップをします。
……といっても、ここは特に楽な方法もなく、
絵を拡大表示して、変な所をペンツールと消しゴムツールで、一箇所一箇所、地味〜に直しました。



新規レイヤーを作り、そこでパーツ分けをします。(※)
広い部分は選択範囲ツールや塗りつぶしツールで、細かい部分は画像を拡大して、ペンツールで丁寧に色分けします。

(※)
色を塗る範囲毎に色分けする事。
範囲分けするだけなので、塗る色は何色でもいい。



パーツ分けしたレイヤーは非表示にして、新しいレイヤーを作成。モードは乗算にして、一度白色でレイヤーを塗りつぶす。

そして、その後はペンツールではみ出しを気にせず色を塗っていきます。



一通り塗り終わったら、パーツ分けしたレイヤーに戻り、肌色の部分を選択範囲にします。そして、メニューから「選択範囲の反転」を選びます。



再び、色塗りしているレイヤーに移動。「Delete」キーを押して、選択範囲部分を一気に消します。これで、必要の無いはみ出した部分は消えてくれました。消去し終わったら、選択範囲を解除します。

他のパーツも同じ要領で塗っていきます。



主線の色を変える為、主線抽出をします。
(参考:主線抽出

線画レイヤーを一番上に持っていき、周りの色に合わせて色を変えていきます。



服に関しては、素材集(布)から選びました。
新規レイヤーに貼り付け、PSP8のワープマップを使い布を体の流れに応じて変形させます。

さらに、そのすぐ上に乗算レイヤーを作り、灰色で影付け。
影をつけ終わったら服のレイヤーと合成し、
パーツ分けしたレイヤーから選択範囲を選び、 はみ出した部分を削除します。



一人目が完成したら、二人目も同じ要領で作成します。
スキャナで読み込み、線を綺麗にして、パーツわけレイヤーを作成し、後は思うままに塗っていき、テクスチャはワープマップで歪めます。



……はい。というわけで二人分完成しました〜。それぞれの絵は合成し易いよう、レイヤー結合済みですが、レイヤー結合する前の状態でセーブしておくとミスがあったとき修正しやすいです。

あと、キャラ別に絵を描くときは、特に光源の位置に注意しましょう。あるキャラは左から光が当たって、あるキャラは右から光が当たっている……っていうのではおかしいですから。その為、左右反転等は色を塗る前に実行しておく必要があります。

今回の絵は光源が左上にあるという設定です。



それでは、合成します。

女の子キャラの絵の方をコピーし、それを男の子キャラの方に「編集」>「貼り付け」>「新しいレイヤー」で貼り付けます。

位置や大きさは変形ツールで調整します。



今回は背景を3D景観ソフトで作成しました……手抜きでごめんなさい。

で、その画像を一番下のレイヤーに貼り付けます。すると、人物の処理が雑な部分が浮き出てきたので、そこらへんも、消しゴムツール等で地味〜に修正していきます。



ここら辺で「背景にもう一工夫」とアドバイスを頂き、修正してみる事に。

ドローツールの直線で3本の線を引きます。



そしたら、ドローの設定で内部の色にグラデーションを選択し、円柱に光が当たっているような色合いを作り、絵の線の角度に合わします。

尚、ドローツールは互換性や使いやすさ等の問題から未だにPSP7の方を使っています(^^;)




こんな感じになりました。
他の棒も同じ設定にします。コピーアンドペースト使った方が楽だったかな……



次に縦の棒を入れることに。横棒をコピーし、新しいレイヤーに貼り付けます。



変形ツールで90度回転させ(※)間隔を広げて配置します。

(※)
回転用の棒を動かすとき、「shift」キーを押しながら回すとキリのいい角度で回転出来ます。

さて、ここで私は一つ大失敗をしています……そう、先ほど言った光源の問題です。この鉄の縦の棒は機械的に処理しただけなので、光が右から当たってしまっています。この絵の光源は左上のはずなのに。
しかし、この段階ではサッパリ気付かずそのまま続行してしまう事に……皆様は気をつけて下さいね(涙)



棒の重なっている部分を消しゴムツールで削り、ペンツールで影を加えたりしてそれっぽく処理します。白いものを処理する時は、すぐ下に一時的に濃い色で塗りつぶしたレイヤーを配置すると分かりやすいです。



縦棒の上の部分を切り離し、変形ツールで形を変えて、棒の上の部分を作成。ここまでくれば何を作ろうとしてるかわかりますね(^^;)柵を作ろうとしているのです。細かいところはやっぱり消しゴム&ペンツールで修正。



新しく3D景観ソフトで作り直した背景を配置することに。パースを若干斜めにきったので絵に合わない部分が出てきたので、それも変形ツールで修正。

とっても便利で使いやすいぞ、変形ツールっ!



後は、細かい修正入れたり、ピクチャーチューブを微妙に散らしたり、光を加えたりして……完成っ!



◆ 完成画像 ◆

記念絵



完成っ!といいつつ、また、直さなければいけない部分が沢山出てきたのですが(^^;)ちょっと時間的に現在余裕が無いので、休日とかに修正出来たら修正してみたいと思います。
長い間お付き合い頂き、ありがとうございましたっ!尚、この絵に関する詳しいことは2004年7月10日の日記にて。



トップページイラスト作成記◆二人で…◆
管理人:霜月(雨相 月)
電子メール:oekaki@pep.tok2.com