PaintShopProで遊ぼう!


トップページイラスト作成記◆小悪魔◆

◆小悪魔

2004年のバレンタイン絵です。
今までのリプレイで紹介していない部分を中心に解説します。
この他に、このイラストで紹介して欲しい部分があるかたは、
メールフォームにてご連絡下さい。

使用Ver:PaintShopPro 7.04、PaintShopPro 8.10

なお、画像は基本的に256色に減色してあります〜。

雲模様(背景)

それでは、まずは背景の作り方から〜。

毎度お馴染み「MuRa's Filter Meister」を使います。レイヤーを二つ作り、下のレイヤーに「Water1」の雲模様を、上のレイヤーに「ThickClouds」の模様を作ります。


出来たら次に、上のレイヤーの属性を「差の絶対値」にします。


中々不気味な模様になりました。この二つのレイヤーを合成して一つのレイヤーにしてしまいましょう。

次に変形にいきます。「効果」>「変形効果」>「球面」を選び、形を変えましょう。
(PSP7の場合。PSP8は「効果」>「歪み効果」>「球面」です)


すると、こんな風になります。


中々いい感じです。しかし、色合いが微妙に気に入らない。そこで、色を変更します。
「カラー」>「調整」>「色合い/鮮やかさ」を選びます。
(PSP7の場合。PSP8は「調整」>「色合いと鮮やかさ」>「色合い/鮮やかさ」です)


このツールは上のバーで色の変化を、左のバーで鮮やかさを、右のバーで明るさを一度で変更出来る便利なツールです。

色合いを青色系に、思い切り鮮やかにして、明るさを少し上げます。


と、こんな感じになりました。満足!



シンメトリーな図形(背景)

次は背景の何かウネウネした模様にいきましょう。

こんな図形、ズボラな霜月さんがもちろん手描きで描くはずはありません。手抜きでいきましょう。まずは、ドローツールでひらがなを数文字円形状に並べましょう。何の文字でもかまいません。今回は「ら」の明朝体でいきます。


さて、このままではフィルタが使えないので、出来た画像はラスターレイヤーに変更します。変更したら、そのレイヤーに「効果」>「変形効果」>「渦巻き」を使います。
(PSP7の場合。PSP8は「効果」>「歪み効果」>「渦巻き」です。

なかなかそれらしくなりました(笑)あとは、このレイヤーをいくつか複製し、変形ツール等を使って回転させたり移動させたりして組み合わせます。


今回は元画像を90度ずつ回転させた画像(合計4つ)を作り、位置を微妙にずらして組み合わせてみました。回転を90度にしたのは、画像が劣化しないからです(回転バーをShiftキーを押しながら回転させると綺麗に90度に決定出来ますよ〜)どうでしょう?

もっと複雑にしたければ、文字を変えたり増やしたり、60度ずつ回転させた6つの画像を組み合わせてもいいかと思います。

おまけに、この画像を光らせてみましょう。出来上がった画像を一度レイヤー結合し、一つのレイヤーにした後、複製します。

下の方のレイヤーにガウスぼかし(画像の大きさにもよりますが、2〜10くらい)をかけ、上のレイヤーの重ね方を「スクリーン」にします。分かり易いように、背景レイヤーは黒で塗りつぶしました。


どうでしょう?ほかにも重ね方を変えると色々変化がありますよ(^^)





トップページイラスト作成記◆小悪魔◆
管理人:霜月(雨相 月)
電子メール:psp@s36.xrea.com