PaintShopProで遊ぼう!


トップページイラスト作成記◆ビーチバレー◆

◆ビーチバレー

2003年の暑中見舞いに描いた絵です。
ドローツールで主線を描く方法で作りました。

使用Ver:PaintShopPro 7.04、PaintShopPro 8.02

なお、画像は基本的に256色に減色してあります〜。

それでは、イラスト作成記、
はじまり、はじまり〜。

さて、まずは主線の元になる下書きを描こうと思います。
使用ツールはopenCanvasですが、
この線は下書きに使うだけなので、適当なツールを使ってかまいません。
(もちろん、PSPで描くのもOK!)

人物の下絵の詳しい描き方については、「番外編・人物の描きかた」を参照して下さい。

 →   →   →   →   →   →   → 

……と、まあ、
こんな感じで描いてみました。
最後まで描いても、まだ雑ですがいいのです。
どうせドローツールを使うので(^^;


PSPで読み込み

完成した下描きをPSP7で読み込みます。
作業しやすいように、画像サイズを
1800*2400にリサイズしました。



ドロー設定

ドローツールの設定をします。
今回は、幅が3のフリーフォームを使うことにしました



主線作成開始

それでは、主線を描きます。
ドローツールでの詳しい描き方は、
以前のリプレイ光の束縛にて説明済みですが、
おさらいの為にもう一度説明すると、
まず、頂点をクリックし、そのままボタンを離さず、
少しドラッグしてから指を離して下さい。
こうしないと、点に方向の情報を与えられないからです。
その後、各点にコーナーの設定と線の情報を指定します



主線レイヤー別け

「光の束縛」を描く時に失敗したので、
今回はその教訓を生かせるよう、
早めに、小まめにレイヤー分け。
パーツ毎に細かく別けておかないと後で苦労します(^^;

また、ボールのようなものは、
図形ツールで描くと綺麗に描けますね(^^)



確認

たまには、下書きレイヤーを消して、
線に狂いがないか等をチェックしつつ……



途中経過

ちなみに、こっちが、
途中の主線のみの画像。これ、
元画像サイズの20%に縮小してあります。
つまり、元サイズはコレを
縦、横共に5倍した大きさです。
このサイズを大きいと思うか小さいと思うかは
微妙なラインですね(^^;



草臥れてきた……

ふう……やっとここまで来たか……

ドローツールの作業は根気との勝負です(^^;



完成間近!

上の下書きレイヤーを非表示にしたものです。

人物完成間近!



ベクターからラスターへ

主線の修正作業に入ります。

まずは、ドローツールで描いた画像データを、
ベクタからラスタに変換します。
こうする事で画像に直接ペンで修正出来るからです



線を消す〜

それでは、主線修正の例を〜。

ビーチボールを手の被っている部分の線を直します。
まず、ビーチボールレイヤーの、
消したい部分の両端を消しゴムツールで消して……



選択

消したい部分を範囲選択ツール(自動選択)
で選択。Deleteキーを押して、一気に削除!



すばらしい!

はい!
綺麗に消えました〜(^^)

他の部分も同じように、
線が重なっている部分を消していきます。



髪の毛修正

髪の毛の線の端等で、
線が尖っておらず、重い印象の部分も、
ペンツールで地道に直していきます(^^;



主線完成!

主線完成!色塗りに入りましょう!

……ええと、
画像の右上に変なツールが写っていますが、
これはダウンローダー(フラッシュゲット)です(^^;
PHSでインターネットしている霜月さんは、
お絵描の最中等の時間を利用して、
大きなファイルをダウンロードしています。

……うう。低速回線の悲しさよ……



範囲選択

其れでは色塗りの準備へ。
各パーツ毎にレイヤー別けします。

主線レイヤーから自動選択ツールで範囲を選びます。
パーツが離れている部分は「Shift+左クリック」で
範囲に付け加えていきます。
(画像は髪の毛レイヤーを作る所)



色塗り〜

そして、新しいレイヤーに移動、
塗り潰しツールで色を一気に流し込みます。
(この段階は、あくまでパーツ毎に
レイヤー分けするだけなので、
色はあまり気にしなくていいです)

また、どうしてもキャプチャ画像のように、
隙間が出来る部分もあるので、
ペンツールで地味に修正していきます。



色別け終わり

パーツ毎のレイヤー別け終わり。

今回はレイヤーを「標準」で重ねる為、
主線レイヤーを一番上に持ってきます。



通過範囲保護!

色塗りに入る前に、
格パーツのレイヤー設定の、
「透過領域の保護」にチェックを入れます。

これで、予め色を塗った範囲以外は、
色を塗る事が出来なくなります。
(色塗りのはみ出しを抑える)

(追記有り。詳しくは後述)



色塗り

上記作業で
色塗りのはみ出し対策をしたので、
後はブラシツールで色塗り。
本能の趣くまま、好きなように色を塗ります(笑)



背景〜

次に背景なのですが、
空の描き方は、
「空と海」の描き方を参照してもらうとして、
ネットの描き方にいきます。
この為だけにPSP8使ってますし(^^;

まずは直線ツールで大まかに線を引いてセーブ。
これをPSP8で読み込みます。



ネットをなびかせる

PSP8の新機能「ワープマップ」を使い、
ネットの座標軸をゆがめ、
風になびいてる感じを表現します。

このツール、超便利ですよ〜(^^)



さて、後は、
グラデーションツールでボールに色を塗ったり、
文字ツールで文字を入れたり、
大き目のブラシでレンズフレアを入れたりして……完成っ!



◆ 完成画像 ◆

2003年暑中見舞い



ドローツールによる作成リプレイは、
今回が2回目ですが、
「光の束縛」よりは幾分、要領よく描けたかなぁと思います(^^;

それでは、長い間付き合って下さった皆様、
ありがとうございました!



ショートカット

2003−09−15 追記

上記説明で、「透明色の保護」に関して、
私はレイヤーのプロパティから変更しましたが、
もっと簡単に変更する方法がありました。

レイヤーパレットの一番右、
鍵のマークアイコンがそれです。
クリックするたびに、保護と保護の解除が入れ替わります。
PSP7の場合、×が消えると透明色の保護、
PSP8の場合、ランプが付くと透明色の保護の状態になります。
便利なので活用して下さい。

教えて頂いたなるど様、有難うございました!





トップページイラスト作成記◆ビーチバレー◆
管理人:霜月(雨相 月)
電子メール:oekaki@pep.tok2.com